牛革ランドセルの特徴と人気ブランド一覧はコチラ

子供にランドセルを買うならば、土屋鞄か鞄工房山本の牛革ランドセルにしようと思っていました。

 

でもネットの口コミや評判などを見ていると、クラリーノ素材も耐久性が向上していることが分かったんです。

 

牛革とクラリーノを比較するとそれぞれメリット・デメリットの特徴はありますが、以前ほど違いは少なくなっているような気がします。

 

牛革ランドセルの値段も下がってきましたし、クラリーノ素材のランドセルも耐久性は向上してきています。

 

カラーバリエーションではクラリーノの方が豊富ですが、牛革ランドセルもカラーが増えてきました。

 

実際にランドセルを使っている小学生を持つママ友に聞いてみても、「参観とかに行っても、見ただけだと素材の違いなんて全然分からないよ。」ということでした。

 

こうなってくるとどちらを選べばいいのか、本当に迷ってしまいました。

 

そこでランドセル選びはやっぱり子供が欲しいものに決めるという原点に戻ることにしまして。

 

子供と一緒に土屋鞄ランドセルや鞄工房山本、それにフィットちゃんランドセルや天使のはねなど公式サイトで商品やカラーを比較してみたんです。

 

すると子供は欲しいランドセルが多すぎて、ランドセルが三つ欲しいと言い出しました。

 

訳の分からないこと言う子供に呆れながらも、これだけ種類が多いと迷ってしまう気持ちも分かります。

 

さすがに三つを買うことはできないので、その中からどれかいいかを決めることにしました。

 

高級感があるから選んだ!

私としては牛革ランドセルの特徴である「革のツヤ」がいいなと思っているので、工房系ランドセルを選んで欲しいと思ってたんです。

 

最近の牛革ランドセルは撥水性を高める仕様が施されていて、丁寧に管理しなくても6年間使い続けることができると土屋鞄の口コミで読みました。

 

ちょっと値段は高いけど6年間使い続けるものだから、高級感のあるランドセルのほうがいいと思ったのです。

 

そんなことを娘に聞かせながら、何とか土屋鞄ランドセルに誘導しようと試みました。

 

結果娘が選んだランドセルは、土屋鞄ランドセルの赤い色のベーシックなタイプでした。

 

その前までヒットちゃんランドセルの「パープルとピンク」のツートンタイプを欲しがっていたので、てっきりフィットちゃんにになるかと思ってたらまさかの大逆転でした。

 

どうして土屋鞄を選んだのか気になったので、娘に聞いてみるとこんな答えが返ってきました。

 

「値段が高い方が高級だから。」

最後で値段かよ!と思いましたが、本人が気に入って選んでくれたのならそれでいいです。

 

時期も時期なので早めに注文しないと完売して品切れなってしまったら困ります。

 

旦那さんの承諾を得たら、すぐにネット注文で予約したいと思います。

 

ランドセル選びって大変だけど楽しいですね。

 

娘と一緒にワイワイ言いながらランドセル選びをして楽しむことができました。

 

娘が大きくなったらこんな感じで洋服とかショッピングを楽しめたらいいなと思います。